ないものねだり

【節約】貯めたお金で何するの?【投資】

ツノさん
ツノさん
2019年12月25日

仕事、投資、節約と、努力と工夫を重ねて貯めたお金の使い道について

節約をうたうブログは沢山あります。 節約したお金を投資して増やしていくことを推奨する良ブログもあります。

私も節約を薦め、余裕資金で投資を行いお金を増やそう!!ということを推奨しています。

ではなぜ? お金を貯めて増やすことを薦めるのか、そしてその増えたお金はどうするのか?について解説していきます。

画像出典元:不明

スポンサーリンク



まず節約することを薦める目的は?

節約を薦める理由とは

会社に勤めていてサラリーをいただきます。 しかし頂いた給料には限りというものがあり、その給料が良かったとしてもそれだけでは「お金持ち」にはなれません。

ではなぜお金持ちにならなければいけないのか?

これはお金持ちになりたくない、またはある程度あればそれで幸せという方には「関係のない」話になりますのでその点はご理解いただいたとして、なぜお金持ちにならなければいけないのか?

それは「余裕ができる」から。 それに尽きます。

次に、なぜお金持ちになって「余裕」を手に入れなければならないのか?

これも欲していない人には「関係のない話」なので、そこは置いておいて、お金に余裕ができれば「好きなことが」やりやすくなるから・・・です。

そこで、お金の余裕を作る「手始め」として節約することから始まっていきます。

節約してできた余裕資金を投資に向ける目的は?

貰った給料をすべて使ってしまっていれば「お金は貯まりません」し、いざお金が必要になったとき、何もすることができません。

ましてや欲しいものを手に入れたり、万が一の備えであったり、余裕資金がなければ残るのは「不安」だけになりかねません。

そこで給料が固定されたサラリーマンが余剰資金を作るにはどうすればいいのか?

余剰資金を作る第一段階

まずは給料の中から「貯蓄」に回すお金を作らなければなりません。 しかし、急に給料が増えてくれるわけもないのでどうすればいいかというと「支出の見直し」をすること。

支出の見直しをしたら次に「無駄」を見つけ出すこと。

見つけ出した無駄を無くしていけば自ずと余裕資金が生まれてくるはずです。 これは少なくて構いません。 積み重ねることが大切になってきます。

無駄を見つけ出し、それを減らしていく

無駄を探し出し無駄を省く。

例えば「無駄」とはどんなものがあるのか?

これは私事で恐縮ですが前に書いた記事になります。

【参考記事】

【節約】禁酒をすれば一石三鳥だと気づく【ダイエット&健康】

私の場合はまず「固定費」を見直し、次に生活面での「無駄」について考えました。

携帯は格安SIMですし、電気、ガスは請求を一括へ変更、昼食代は弁当に変えて飲み物も水筒を持参などなど。

【参考記事】

【節約】昼食を弁当にする効果について【健康】

これらは地味な行為に思いがちですが、〆ていけば以外に家計の節減に役立ちますし、意識の改革にもなってきます。

節約して捻出した資金がある程度まとまってきたらそれを「消費」に回すのではなく「投資」して増やしていくようにする

貯まったら使うを繰り返せば「お金」は貯まりませんし余裕もできません。 いつも家計はギリギリで火の車・・・・なんて人も少なくないはず。 ではどうすればいいのか? というのは余剰資金は「消費」に使ってしまうのではなく投資に回して増やしていくことに使うこと。

お金は貯めている(貯金)だけでは増えていかない時代になりました。 金利は普通預金で年利で0.001%と無いに等しいので、ただの財布と化しています。 さらに手数料など取られようものなら増える訳がありません。

イオン銀行の普通預金の金利表 2019年4月8日現在のものです

お金は銀行に寝かせておいても増えないのであれば自分で増やす工夫をしていかなければなりません。

株やFXというと「怖い」というイメージがありますが、実際お金を減らすリスクは付きものなのでやはり怖いものです。 しかし、こうしたリスクを取っていかなければお金など増えることはないですし、庶民が「富豪」になることもありません。

勉強していけば怖いリスクも減らすことができるため、しっかりと勉強したうえでリスクを最小限に減らし、まずは「ローリスク・ローリターン」の投資から初めて徐々に増やしていく努力をしましょう。

貯めたお金を増やす目的は「人生に余裕を持たせる」ために他なりません。 愛があればいいと言う人がいるけど、愛プラスお金があったほうが愛が潤います。 今の日本はお金がないと「余裕は生まれません」。 昔とは違います。


節約→投資→余裕資金の増加→???

節約して作ったお金を投資して上手く増やすことができた。 しかしその後、増やしたお金はどうするのか、どうするべきなのか?ということになるかと思いますが理想は、増やしたお金でさらにお金を増やす。「複利の力」を利用してさらに投資してお金を増やしていく、というものです。

お金はお金を生み巨大化していく。 これを理想とし、現実化させる努力を日々行っていく、そのうえで「完全なる余裕資金」が生まれ、そこで初めて「自分のために使う」。

これが最強の理想的生活になるかと思います。

ここで間違ってはいけないのが、「過度に生活水準を上げてしまうこと」で、これをしてしまうとお金は減っていく一方になることは間違いありません。 宝くじ当選者のようなものですね。

自分に使うというのは「さらに自分に投資する」ということで、綺麗なものを観たり、いい音楽を聴いたり、たまにはすごく美味しいものを食べに行ったり、自分を磨くためにお金を使いつつ「自分を満足させる」ためにお金を使う。

お金の使い方で人生が良くも悪くも左右されるため、一生懸命に勉強して貯めたお金は「その使い道」をしっかり選んで使ってあげましょう。

増やして貯めてまた増やす・・・だけでも面白いとは思いますが、使うときはしっかりと大切に使ってあげましょう。

貯蓄だけではダメなの?

給料を貯蓄(貯金)していくだけではダメなのか? またなぜダメと言うのか?

これについては給料がいくらで、毎月いくら貯金して年いくら貯まる。 退職金はいくらで年金は月にいくらくらい貰えて老後どのように暮らしていくのか・・・・。

これが今からザっと計算できてしまいますよね? 私の先輩にもいましたが、20代半ばごろだったと思います、退職金がいくらもらえるのか計算している姿を見て愕然としました。 それは先輩にではなく、自分のこの先が計算できてしまうことにです。

夢とか希望とかあるとは思うのですが、それを見たとき、とても悲しい気持ちになったのは覚えています。

やはり「先が見えてしまう」というのは面白くありませんし夢もない。 それがいいという人もたくさんいるとは思いますが誤解を恐れずに言えば「そんなさみしい人生は嫌」なので、自分の夢を毎日思い、それに向かってどうすればいいのか?を常に考えて、それにはこれくらいのお金が必要だからと目標を立て、それに向かって、もしくはそれ以上の資金を手に入れるため日々の努力を怠らない。

貯金だけでは「使ってしまったら終わり」なので、そうならないように「資金を増やしながら自分の好きなことをする」システムを作り、自分のやりたいことだけに集中できる環境を作っていくためにも貯めるだけでは破綻してしまうので、増やしていかなければなりません。

自分の好きなことが仕事!という方にも「軽い投資」で将来の不安を無縁にするのもありだと思います。

最後に、余裕資金で何するの?

これは私事で書かせていただきます。

私は子供のころから海外旅行や海外生活にあこがれ、あこがれ続けてきました。 バックパッカーとして旅に出て、普通であれば日本に帰って現役復帰といかなければならないのでしょうが、私にはそれができず現在に至っています。

好きなことをやり続けたい、しかしそれで飯を食ってはあいけない・・・となるとあとはどうするのか。

諦めるかそれとも・・・・。

諦めるという選択肢は無い、0%だったので、ではどうすればと考えた結果が「海外でも資金が稼げるシステムを作る」ことでした。

それが「節約→貯蓄→投資→再投資」していくこと。

現在は日本で種銭づくりに励んで「種まき」をしている最中です。 目が出始めてきたので育てて、1日でも早く収穫(旅立ち)するために

日々努力を続けています。

与沢翼氏には賛否両論あり個性の強い方ですが、共感を持てるところが多い方です。

 

あなたは今日、夢(将来)のために何をしましたか? これを毎日自分に聞いて前に進んでいます。 良い言葉です。

皆さんも余裕を作って自分とその大切なもののために、使っていきましょう。

スポンサーリンク



ツノさん
  • 自身究極の1枚を求めて終わらない旅を継続中。

    今までは嫌なことも自分のためと思い無理をして生きてきましたが、そんな生き方を改め、シンプルに好きなことをしながら生きていくべく現在奮闘中。

    旅好き、写真好きオヤジのブログです。

    旅、写真、ガジェットなど趣味の部分と、ライフスタイル全般、株式投資、税金対策などの情報をシェアできればと思っています。

マネー