ないものねだり

【冬本番】関東近郊おススメ温泉

ツノさん
ツノさん
2019年12月25日

冬本番の2月、これから行きたいおススメ温泉

今年の関東地方は暖冬のようで未だ積雪もない日が続いています。しかし、そんなことを言っているといつかガツンとやられそうでビクビクしている毎日です。

だからといって、落ち込んでもいられない今年の冬、寒いなら、寒くなるのならこちらからすすんで温まりに行こうということで、関東近郊の温泉の話題を。

今更紹介するようなところでもないし、知らない人もいないのではないかと思う超有名どころなのですが、恥ずかしながら私は今回が初めてでした。

上州、草津温泉。

スポンサーリンク



上州群馬、草津の湯

日本を代表する名湯の1つ「草津温泉」。 北関東は群馬県の北部長野県境に位置する温泉地。

一度は訪れたい温泉の1つではないでしょうか。

アクセス

草津ヘはJR,バス、車とそれぞれアクセス方法はありますが、やはりおススメは新宿発の「上州ゆめぐり号」!

出発は新宿駅南口にありますバスタ新宿から。

バスタ新宿~草津温泉BT間 約4時間の行程で伊香保温泉などを経由していきます。 お酒好きなら朝からバス内でおつまみ片手にまったりできる丁度良い時間ではないでしょうか。

金額は通常期3,450円、高速バスネットで決済(購入)した場合の運賃は3,280円と少々割引あり。

繁忙期は3,550円、バスネット3,370円、最繁忙期は3,750円、バスネット3,560円

早売0、3,000円、バスネット2,850円とこんな感じです。

上州ゆめぐり号>>>http://time.jrbuskanto.co.jp

とにかく楽して草津に行くことができます!!

お酒を飲まないのであれば自家用車かレンタカーが楽ですね。

草津の湯

泉質

草津温泉の湯は基本的に酸性泉(酸性低張性高温泉)で酸性が強く、phは2前後だそうです。 注:源泉によっては硫黄泉もあり。

源泉

草津の源泉は公的に管理される6つの大きなものと、各ホテルが管理する小さなものがいくつの存在する。 そして有名なのがその源泉の熱さで、大体50℃~90℃とかなり高め。

そのため湯温を下げるために行われる「湯もみ」が有名なのは皆さんもご存じではないでしょうか。

 

効能

皮膚病、神経痛、糖尿病ほか

酸性のためお肌のは良さそうですね。 かなりの殺菌力だそうです。

その他

草津温泉街の中心に湧く源泉「湯畑」。

 

この湯畑の段々は湯温を下げる目的としてのものと、湯の花の採取という目的も持っている。 かなり壮大なものでした。

 

外湯、共同浴場が多数あり、19カ所あるそうです。 しかし草津温泉では、湯めぐりはしてはいけないという習わしがあるそうで、もどかしいところですね。

共同浴場の源泉のほとんどは湯畑のものになります。

ほんと・・・熱いです。

スポンサーリンク



草津温泉おすすめランチ

有名温泉地なので行きたいところは多数あるかと思いますが、そこから2点厳選しておすすめします。

洋風レストラン どんぐり

まず1つ目は草津の住宅地の中に建つモダンな建物の洋食屋さん「どんぐり」。

かなりの人気店なのですが比較的ランチは予約なしでも入れそうとのことだったので向かってみたら、上手く入店することができました。

入店後はすぐに満席。 運が良かっただけでしたね。

カレー、ハンバーグ、パスタ、カツレツ等、美味しそうなものばかりの中から選んだのは、私はビーフストロガノフ。

相方はハンバーグ、どちらも絶品。

もちろん昼間からビール付きで! 言うことなしの旨さでした。

蕎麦 天婦羅  三國屋

2件目は蕎麦で三國屋さん。
美味しい蕎麦屋が多い草津ですが、その中でもインパクトのある盛りを一目ぼれしての入店。
このような温かいつけ汁につけて頂きます。 素朴な味で実に美味しい。
こちら三國屋さんは蕎麦だけでなく天婦羅も有名なので是非お試しください。
どちらも草津に行った際には立ち寄る価値ありです。

最後にお宿を

老舗温泉旅館「奈良屋」

草津温泉にはそれぞれ特徴を持った多くの温泉宿が存在しますが、人生のうちに何度も訪問できるほど暇もお金もないので、折角なら良いお宿に泊まりたいですよね。

今回ご紹介するのは140年以上の歴史を誇る老舗温泉旅館「奈良屋」さん。

草津温泉の中でも最も古い歴史を持つといわれている「白旗源泉」を湯守が管理する伝統ある老舗旅館で、そんな彼らが伝統を受け継ぎながら白旗源泉を管理しています。

その湯守たちが季節、気候によって湯温を管理する2つのクラシックな大浴場が人気にもなっています。

今回泊まらせていただいたのは相方の希望もあり純和室の部屋を取りました。

料理の方は地元の素材、旬の素材を使った和風料理でお部屋または仕切られた大広間でいただくことになります。

朝食の方はというと、地元野菜をふんだんに使った起きたての体にやさしい料理が用意されています。

大切な休日を利用しての温泉旅行、ちょっと贅沢な老舗旅館めぐりはいかがでしょうか。

私は大満足でした!

おまけの足湯 @ 湯畑の横。

スポンサーリンク



ツノさん
  • 自身究極の1枚を求めて終わらない旅を継続中。

    今までは嫌なことも自分のためと思い無理をして生きてきましたが、そんな生き方を改め、シンプルに好きなことをしながら生きていくべく現在奮闘中。

    旅好き、写真好きオヤジのブログです。

    旅、写真、ガジェットなど趣味の部分と、ライフスタイル全般、株式投資、税金対策などの情報をシェアできればと思っています。

旅と休日

コメントする