ないものねだり

【旅ラン】旅先での運動不足解消と観光を同時に楽しむ

ツノさん
ツノさん
2021年8月18日

旅先での街歩きをジョギングに変えるだけで得られるメリットについて

1泊での旅行で運動不足を気にすることも、前夜の不摂生を気に病むこともただの「時間の無駄」になりますが、海外旅行に出かけたり、国内でもまとまった休みを取って遠出などするとどうしても気が緩みがちになり、「だらけた生活」をしてしまいがちです。

そうした「旅先での不摂生」を解消する良い方法があります。

私も数年前に雑誌か何かで見かけたのですが、どこかの有名な社長さんだったか?が、旅先や出張先で行う日課のようなものがあると。

それが「旅ラン」として紹介されているものをチラッと見かけたので、その名前の通り、雑誌をきちんと読みもせずですが実行してみました。

実行してみた、というより、長期滞在時は「日課」として相方と海外の公園などを走って足腰が衰えないよう気をつけているのですが、これを早朝や夕暮れ時などに街中やビーチ、自然の多い公園などですることによる「体を鍛える」以外のメリットもある事をご紹介していきます。

旅ラン、簡単に言えば、ジョギングによる市内観光ですね。

スポンサーリンク



 旅ランとは

旅ランとは、そのままですね(笑)

旅先をジョギングしながら観光もしてしまおうという「一石二鳥」の観光メソッド。

海外のビーチに行くと朝夕と白人さんのジョギング姿を目にすることは多いのではないでしょうか。

スリランカ・ゴールのビーチの夕暮れ時

ビーチリゾートなどではよく見かけるジョギング姿、それを都会の街中でもしてしまおうというもの。

例えば早朝のパリやロンドンの街をゆっくりとジョギングしながら「ヨーロッパの朝の風景」を楽しむ。

例えば、アジアの早朝の街をジョギングし、市場などを巡って、走り終わった後に朝の市場で朝食をいただく。

例えば、町に明かりがともり始めるころ、香港やシンガポールのプロムナードを夜景を楽しみながらジョギングをするというもの。

ただ日中に市内観光をブラブラしてショッピングを楽しむのも楽しいのですが、もう一歩進んで、朝と夜を別角度から楽しみ、そして旅先での健康をも維持する、という「意識高い系」の旅のスタイルになるのではないでしょうか。

筆者(私)の場合でいうと、朝はカメラを持って散歩しながら早朝の風景を撮影して歩き、良さげな市場で朝食を食べたりテイクアウトして帰ったりしています。

夕方は近くに走りやすそうな公園や水辺を、相方とともに楽しむことが多くなっています。

旅ランをすすめる理由

実際のところ、旅ランは普段から運動をしていない人や、夜遊び目的の旅、更には朝が弱い人にはとてもつらいものになるのではないでしょうか。 私がそうでしたので(笑)

先ほども言いましたが、「意識高い系」、目的、先をハッキリ持っているような人でないととても難しい旅ラン。

では、そんなものをなぜ?勧めるのかについて。

1、早朝など、普通の観光客では見ることのできない風景を見ることができる

これが1番大きくて、写真など取る場合でも特に「早朝」は良い写真が撮れる時間帯でもあり、現地の生活により近く触れることができることから早朝のジョギング(旅ラン)はおすすめです。

2、見知らぬ人と出会いがある。

毎日走っていると不意に声をかけられたりすることもあります。 真剣に早く走ってしまってはダメなので、ほんとにゆっくり街を観察しながら走っていると、思いがけない良いこともあるかもしれませんね。

3、夜更かし、不摂生しなくなる。

筆者もタイで毎日のように朝まで飲み歩いていた人種なので、この差は歴然としていますね。 どっちがいいかはあなた次第ですが(笑)

イスラエル・テルアビブのビーチ

イスラエルだって走れます!

折角の旅行、時間の無駄では?

折角の旅行にジョギングなんて・・・。 と、お思いの人も居るかと思います。

私のその1人でしたので。 しかし、「夜遊び」が初めから目的の人であったとしても、夕方軽く街をジョギングで流して、ホテルで汗を流して、夜の街へ繰り出してみれば「何かが変わった」ことに気づくはずです。

そして何かが分かれば、夜更かしを減らして朝方に移行する。 そうすれば更に何かが変化し、旅行だけではなく人生にも良い影響が出てくるように思います。

何かは人それぞれですが(笑)

時間の無駄!と思われる人には「旅ラン」はもってこいではないでしょうか。 なぜなら、もっと無駄なことを絶対にしているはずなので、それらの時間を削れば、健康に良いジョギングに充てられるのではないでしょうか。

イタリア・ミラノの石畳を走る

最後に

私はほとんどテレビを観ないので、今日この記事を書いていて初めて知ったのですが、NHKの番組(BSプレミアム)でふらっとあの街旅ラン10キロ っていう番組があったんですね。

一度見てみたいかも。

では、最後に。 旅ランは、旅ランでしか得られないものを持っているといっても過言ではないほどの1つの旅のスタイルになります。

私自身も実際にやってみた感想、実感として「旅」に無駄がなくなったように思います。

旅、特に長旅、旅が長くなればなるほどどんどんと深いところに落ちていき、泥沼にはまったように「やる気」が無くなります。

バックパッカーの先人の言葉で「1日1事」なんて言葉もあって、今日は駅に切符を買いに行ったからそれでいい・・・とか。

泥沼にはまっていくんです。 そんな事態を防ぐのに最適なのが「旅ラン」で、沈んでいく自分を引き上げてくれ、尚且つ旅を充実したものにしてくれます。

意識高い系の人も、旅先だからサボってもいいか? なんて思わずに、更に高みを目指していただきたいと思います。

沖縄県・伊江島の島民マラソン大会

シュールでいい感じのマラソン大会でした。

私も質の高い「旅行」を考えて実行し、ブログネタにできればと思っています。

それでは、良い旅を!

スポンサーリンク



ツノさん
  • 自身究極の1枚を求めて終わらない旅を継続中。

    今までは嫌なことも自分のためと思い無理をして生きてきましたが、そんな生き方を改め、シンプルに好きなことをしながら生きていくべく現在奮闘中。

    旅好き、写真好きオヤジのブログです。

    旅、写真、ガジェットなど趣味の部分と、ライフスタイル全般、株式投資、税金対策などの情報をシェアできればと思っています。

旅と休日