ないものねだり

【温泉】関東から近場のおススメ温泉

ツノさん
ツノさん
2019年12月25日

♨ 冬は温泉旅行が一番ですね

そこで、関東から近場の温泉を紹介です。

まず第一回目は信州長野の湯田中渋温泉郷 渋温泉

スポンサーリンク



信州渋温泉

渋温泉 >>> https://www.shibuonsen.net/

北陸新幹線 東京駅—(北陸新幹線)—長野駅
所要時間:約1時間20分

東京からは北陸新幹線で長野駅へ。

次に長野駅より 長野電鉄 に乗り換えて 湯田中駅終点下車 特急約50分。

宿により送迎バスあり。

「上林行き」バス約7分、渋温泉入口又は渋温泉和合橋停留所にて下車。

スポンサーリンク



渋温泉のおススメ その1

多分この温泉に来る観光客のほとんどのお目当ては 「野猿公苑」ではないでしょうか。 私もその1人でした。

日本猿が気持ちよさそうに温泉に入っている写真を目にしたことがあると思いますが、そう、あれです。

 

私は写真が好きなので猿の気持ちよさそうな顔を撮りに行ったのですが、待てど暮らせど・・・・温泉にはいってくれません。

気温が高いせいなのか・・・・残念。 入浴シーンなしでした。

野猿公苑 ◆ Jigokudani Yaen-koen - Wild Snow Monkey Park –

営業時間は冬季:開苑時間9:00ごろ 閉苑時間16:00ごろ  (11月ごろ~3月ごろ)

夏季:開苑時間8:30ごろ 閉苑時間17:00ごろ(4月ごろ~10月ごろ)

入苑料金:大人800円 年間パス 5000円 子供 400円 年間パス 2500円

団体割引あり シニア割引はありません。

公式サイト>>>http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

※観光客で混雑はしますが写真を撮るポジションは多分にあると思います。

※冬季に行かれる方が多いと思いますが、雪道を歩くため、滑りにくい靴を履いていくのがおススメです。

入浴してくれない日もあるんだと想定していかれると良いかも。

渋温泉のおススメ その2

猿は残念でしたが気を取り直して。

渋温泉には「外湯九湯めぐり」という温泉街に点在した9つの小さな外湯に入浴できるイベント的なものがあり、それらの湯場をめぐり、オリエンテーションのように購入した手ぬぐいにスタンプを押していく。

渋温泉の宿泊者には無料で外湯の鍵が貸し出され、苦(九)労を流すと言われる泉質・効能がそれぞれ異なる9つの外湯を楽しむことができる。

嬉しいことに渋温泉に宿泊すれば、なんとすべて無料なんです

一番湯・初湯

二番湯・笹の湯

三番湯・綿の湯

四番湯・竹の湯

五番湯・松の湯

六番湯・目洗い湯

七番湯・七操の湯

八番湯・神明滝の湯

九番湯・大湯

 

購入した手ぬぐいに各入口にあるスタンプを押していく。それがこの画像です。 すべての湯に入りました、コンプリート。 が、ほかの人たちはスタンプのみ押して帰る人のほうが多かった気がしました。

もったいない。

性格上やらないと気が済まないし、勧められませんからね!

湯も冷たかったり熱かったり大変ですが、好みの温度になるまで調整している時間もなかったので意地で全部入浴。

スタンプラリー好きにもおススメ。

渋温泉のおススメ その3

酒蔵巡り

 

これは宿の夕食時に飲んだものですが、美味しかったので翌日直接買いに行ったお酒。

地ビールもありお洒落な酒蔵さんで、スタッフの年齢層も若めでしたが、お酒は申し分なし。

お酒好きの方は是非立ち寄ってみてはいかかでしょうか。

醸造元:玉村本店>>>http://tamamura-honten.co.jp/

※酒造紹介は別記事にてアップします!

 

最後にお宿を

今回は温泉大好きな相方(嫁)のおススメ宿 金具屋 に宿泊させていただきました。

公式サイト>>>http://www.kanaguya.com/posts/news1.html

上記に3つのおすすめを載せましたが、ここを語らずして渋温泉は語れないという老舗中の老舗宿「金具屋」

登録有形文化財の宿

昭和11年に完成した木造4階建て数寄屋造りの「金具屋斉月楼」と「金具屋大広間」が平成15年に国の登録有形文化財に認定されました。

– 湯 –

露天、鎌倉、ローマ、岩窟風呂など泉質性状が異なる大小八つの内湯があり。

◆詳細情報◆

宿泊料:¥16,950~¥31,650(サービス料、入湯税、消費税込)全29室

駐車場:有

送迎バス:有

住所:381-0401 長野県下高井郡山ノ内町

TEL:0269-33-3131

FAX:0269-33-3135

以上 公式サイトより抜粋

今年の冬の旅行にどうでしょうか。

スポンサーリンク



ツノさん
  • 自身究極の1枚を求めて終わらない旅を継続中。

    今までは嫌なことも自分のためと思い無理をして生きてきましたが、そんな生き方を改め、シンプルに好きなことをしながら生きていくべく現在奮闘中。

    旅好き、写真好きオヤジのブログです。

    旅、写真、ガジェットなど趣味の部分と、ライフスタイル全般、株式投資、税金対策などの情報をシェアできればと思っています。

旅と休日

コメントする