ないものねだり

労働トリップという考え方

ツノさん
ツノさん
2019年12月25日

季節労働をしながら観光地を巡るという旅

旅人、バックパッカー、できる限り長く旅をしたいと思う人は少なくないはず。 いくら節約に節約を重ね、食べたい物を我慢し移動も安く済ませ、宿もゴキブリが這いずり回るような安宿に泊まったとしても金はなくなる。 そこで、やはり重要ではなかったとしてもとても必要になるのがお金ではないだろうか。

近年ではインターネットを駆使したお金儲け方法は数あれど、今回はそちらではなくもっとクラシックなタイプの旅人についてのものになります!

スポンサーリンク




筆者がこのワードを知ったのは実際に労働トリップした先の「飯場」に置いてあった「Spectator」という雑誌の記事でした。

まさしく今の自分(当時)そのままの話で面白くて何度も読み返し、今でも強く記憶に残っています。

たしか・・・あれは18号、19号あたりだったはずですが。

労働トリップとは

簡単に言ってしまうと季節労働を旬の地で行い、ついでに何か大切なものを少ないお金とともに手にいれる旅。

実際給料は少ないが、それ以上に「手に入れられるものは大きい」と実際にやってみて感じました。

期間としては三ヶ月~半年というのがどこも基本線ではないかと思います。

宿付きで複数人で居住し、皆で料理の腕を振るい(適当)楽しい寮生活を送る。 寝床はあまり期待しないほうがいいが、それでも十分ではないだろうか。

食費は出るところと、1食だけとか食材だけとかいろいろだと思います。 基本自分たちで買い物をしての自炊となることが多いはず。

 

どこにどんな職が?

日本列島どこにどのような職場が待ち構えているのか?

先ずは北から。 私の知る以外でもたくさんあるとは思いますが、Spectatorを参考にしたものと聞いた話になります。

利尻の昆布漁

例年7月1日〜8月31日の間で応相談。

時給1000円(実働5〜7時間程度)

滞在費無料(自宅二階個室)

滞在中のまかない無料

大体こんな感じたそうです。 興味のある方はご自身で検索して実際に電話で聞いてみると良いかと。

北海道鮭解体(サケバイ)

北海道で秋サケの切り身の加工や箱詰め、イクラの製造・加工・瓶詰めなどを行うアルバイトです。住込可能、食事付きの募集先も多い。別称、シャケバイ。

時給は800円~1200円前後だそうです。

秋サケの水揚げシーズンとなる8月下旬から11月上旬が募集時期となります。 また、このバイトは体力勝負、男女比は9:1で男が多い職場になります。 どこの水産会社に派遣されるかにより多少差はありそうですね。

長野県高原野菜(農作業)

時期は時期は6月~10月くらいで自分に合った期間で。(短すぎるのはダメですが)

レタスを中心とした高原野菜の苗の植え付けから草刈り、収穫、ダンボール詰め、出荷まで、農作業全般。農家から畑まで、畑から畑、畑から出荷場までの移動はトラックなので、要普通免許

朝5時から夕方5時くらいまでで、休日は基本なし。

宿は農家の方の離れか部屋を借りるスタイルで2~3人程度で同居する。

給料は1月手取りで22万円程度とのこと。

愛媛のミカン

みかんで有名な愛媛でみかんに関する農作業のバイト。

住居は農家の方か自治体が用意した施設に住み込みとなります。 要運転免許(AT限定不可)

期間は10月中旬から12月中旬が多いそうです。

沖縄で農作業

沖縄での農作業は求人も多く、労働トリップしている人も圧倒的に多い土地ではないでしょうか。

筆者もこの地(沖縄・伊江島)でたばこ農園の農作業に従事させていただきました。

ここを知った経緯は友人からなのですが、その友人は前年に募集サイトから応募をしたそうです。

伊江島 タバコ農園

3月くらいから7月くらいまでが時期。 1月くらいから来ている人もちらほら。

宿泊施設は農家さんが用意したもので、そのほとんどが農家さんに隣接したところが多い。2~4人程度が同居

食事は各自で自炊が基本ですが、昼はお弁当が出るところが多い。 野菜はよくいただけました!

給料は日給5千円~8千円くらいが相場で、農家によって違う。 ※手にヤニが着きます(笑)

西表島 パイナップル農園

環境は似たような感じですが、聞くところにとると(タバコの同居人)体力的にきついですが、収穫した分の歩合だそうです。

サトウキビはさらにきつく、儲けられる体力自慢はよいのですが、私のような虚弱では無理だと言われました。

スポンサーリンク



実際の作業体験

筆者が実際に体験してきたタバコ農園について

まず期間は3月中旬から6月下旬まで。 当時もう1つ夏のみのバイトを持っていたのでそれに合わせて終了させていただきました。 (一番忙しい時期に申し訳なかったです)

私が行ったころにはもう苗が植わっており、最初のころはさして仕事がありませんでした。

【伊江島 タバコ畑

仕事内容は雑草除去、脇芽とり、コンタクトと呼ばれる農薬散布作業を脇芽付近にかける。 次に葉が大きくなってくると収穫しそれを乾燥機に入れて乾燥させ、それらを乾燥機から出した後綺麗にそろえて袋詰めして出荷されていく。 このような工程です。

休みというものは基本的にはなく、雨が強い日は休みとなることが多かったです。

軽トラ借りて島めぐりとか、仕事終わりの海へのダイブとか、漁師さんからいただいた魚の調理とか、小さいながらもトレーニングジムがあったのでジム通いとか、仕事終わりの余暇は楽しみでしたね。 ※ジムの機材はジャイアンツの阿部捕手の寄付されたものでした。

 

労働時間は朝6時半くらいに集合し車数台で畑へ。(多数ある中の1つか2つで作業)

終了は夕方5時から6時ごろとその日の作業次第で、終わったら自由行動。

タバコ農園募集期間の島内イベント

4月に島内マラソン大会

ハーリー:旧暦の5月4日(GW)にあわせて行われることが多いのですが、旧暦の7月盆前後に開催されるところもある。

同僚たちが参加したハーリー

打ち上げ

労働トリップの良いところは、仕事3:7旅行の割合でいっても誰にも文句を言われないところでしょうか?農家さんが聞いたら怒りそうですが!

まとめ

私は沖縄での仕事しか体験していないため他のところは聞いた話、雑誌の記事からの引用となってしまいますが、ご勘弁いただいて、沖縄トリップのその他良いとこ悪いところをまとめてみました。

【グルメ】

沖縄といえば・・・・名物はいくらでも出てきますが、私の知らなかったものと印象に残ったものを挙げてみました。

【ちゃんぽん】

長崎のような麺を想像して注文したらこれが来てびっくり!

【味噌汁定食】

まさかのネーミング、噂には聞いていたが・・・・。

【とんかつ定食】

トンカツ定食550円、何かが多いような。 さすが沖縄!

【ぜんざい】

沖縄でぜんざいといえばこれ。 ミルク金時ですね。

太陽の下でしっかり働いてお給料をいただき、そして遊ぶ!まさに労働トリップの醍醐味。

こんな考え方もあって良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク



ツノさん
  • 自身究極の1枚を求めて終わらない旅を継続中。

    今までは嫌なことも自分のためと思い無理をして生きてきましたが、そんな生き方を改め、シンプルに好きなことをしながら生きていくべく現在奮闘中。

    旅好き、写真好きオヤジのブログです。

    旅、写真、ガジェットなど趣味の部分と、ライフスタイル全般、株式投資、税金対策などの情報をシェアできればと思っています。

旅と休日

コメントする