ないものねだり

【東北旅行】紅葉狩りで福島、安達太良山へ【百名山】

ツノさん
ツノさん
2021年8月16日

紅葉狩りハイキング@福島

天候には逆らえない「ちっぽけな人間」は、危険な山を避け「安全な山」へ向かう。

南東北(みなみ とうほく)もかすかに紅葉時期に差し掛かった10月、危険度の少ない山へ紅葉狩りを兼ねてハイキングコース程度の山へ写真撮影と足の強化(笑)に出かけてきました。

2020年10月初め、3連休を取って福島の飯豊山(いいでさん)に向かうべく計画を立てていたのですが、3連休の中日が台風の影響を受けて悪天候予想であったため急遽予定変更する羽目になってしまいました。

因みに飯豊山はこんな変わったところにあります。 今回は呼ばれませんでしたね。

残念ではありますが、命あってのお気楽人生なので、今回は可愛くハイキングに。

スポンサーリンク



福島おすすめハイキングコース

– 安達太良山 –

安達太良山(あだたらやま)は福島県中部にある活火山で、日本百名山の1つ。 リンク:出典 yamareco

山頂付近は「乳首」と呼ばれ女性の胸のように美しい形をした山で、登山意欲をそそる山である。(私感)

安達太良山はこの時期から紅葉を迎え、登山客を誘うが、老若男女健脚であれば難しくなく山頂を目指すことができる人気のスポットである。

– 乳首 - 写真はクリック拡大します

10月初旬(2020年)の安達太良山の紅葉

ちょっと早かった感が否めない紅葉。

そして、主稜線西側にある沼ノ平火口

ハイキング感覚にしては壮大な景色も楽しめるコース。

この辺りはさすがに風も強く肌寒さを感じるところでした。 この日はちょっとした上着が必要なほど強風が吹いていたので、ちょっとした寒さ対策をお忘れなく。

安達太良山ハイキング

安達太良山の山頂へは途中まではスキー場のゴンドラを利用でき、登りはゴンドラを利用し、下りは利用なしの片道切符という登り方、もしくは逆に下りをゴンドラ利用、または上り下りゴンドラ、もしくは両方歩きと「体力に合わせた」登り方もあるので無理なく絶景を楽しむことができます。

安達太良山へのアクセス

安達太良山へはあだたら高原スキー場 を目指していきます。

東京から約250キロ、東北道をひた走ります。

〒964-0075 福島県二本松市永田字長坂国有林 あだたら高原スキー場

詳しくはあだたらリゾートのサイトでチェックしてみてください。

あだたらリゾート Adatara Resort >>>http://www.adatara-resort.com

秋のハイキングウエア&持ち物

10月くらいの低山に着ていく、持っていく「衣類」ウエアには困る方も多いのではないかと思います。

この時期は本当に微妙な時期で、上着を持ていかなければ寒くて後悔、持って行って着なければなお後悔と、「どうすればよかったんだ!」と毎度思う人は少なくないかと思います。

基本歩いているときは薄手のもので問題はないというか、暑いくらいなのですが、問題は止まって休憩したり山頂付近や稜線を歩いているとき、風に吹かれ続けているときですね。

汗で濡れた衣類を風が冷やす、歩いているときは感じなかった「気温」など、が急激に体を冷やすとき、そういったときに体調を崩しやすいので防がなければなりません。

では、そんなときはどのようなウエアを持っていけばいいのか? ということになりますが、最悪「何も持っていなかったとき」、必ず持っているであろう「レインウエア」の上だけを羽織れば事足りるのですが、レインは出すのも仕舞うのも地味に面倒なので、画像のような薄手の上着(ウィンドジャケット)があるとかなり重宝します。

ペラペラ薄手の素材なのでかさ張らず重量もほぼ増えません。 あって邪魔にならないもので、さらに車内などちょっと寒い時にも着られるので重宝するはずです。

安達太良山はロープウェイ使用で4時間程度、徒歩のみで5時間ほどで行ってこられるコースですし、危険度も少なく、途中に小屋もあるので、紅葉時期程度でしたら無駄な装備が必要ないため「軽荷」で行くことが可能です。

この時期寒さ対策の軽めのジャケットをお勧めします!

【福島・会津】グルメ&ラーメン

続いては福島で食べて美味しかったものを紹介。

ということで先ずは、折角福島へ行って美味しいお酒とラーメンを味わわずには帰れません!

そこで、たった2泊3日でしたが、喜多方と福島のおすすめ居酒屋とラーメン店をご紹介します。

実際に赴いて感激したお店をご紹介します。

おすすめラーメン店@福島

まずは、福島名物といって真っ先に頭に浮かぶのが「ラーメン」というデブオヤジ目線で申し訳ありませんが、2泊3日と短い時間でしたので多くはありませんが、おいしかったお店をピックアップ。

はじめは喜多方ラーメンの老舗「まこと食堂」。

本場喜多方ラーメンの老舗で大人気のラーメン店です。もっちりした麺とあっさり醤油のスープがマッチした懐かしさを感じるとてもおいしいラーメンをいただくことができます。

こちらは朝7時から営業をしており、いわゆる「朝ラー」できる店としても有名で、並ばなければならない可能性が大です。

有名人も来店しているようで、写真なども飾ってあります。 店内のクラシック感がさらにラーメンの旨味を引き立ててくれること間違いなしです。

〒966-0813 福島県喜多方市小田付道下7116 駐車場有

流れるように2件目へ。 次は会津の名店「古川農園」

こちらは嫁の一押しのラーメン店で、会津若松中心部より少し離れたところにあるため車で行かなければなりませんが、その価値は十分にありました。

私は手打ち麺を注文、不揃いの面の太さがすすり難くはありましたが、大変おいしいラーメンをいただくことができました。

〒969-3463 福島県会津若松市河東町倉橋鏡山21 駐車場有

古川農園は11時開店ですが、その開店前から駐車場が満車になるほどの人気店。

そして開店後、嫁絶賛のラーメンを食べると「さすが人気店」だと頷ける美味しさを痛感。さらにオネー様方の接客の良さが「遠くてもまた行きたくなる」と、しみじみと思わせてくれるお店でした。 ごちそうさまでした。

2件目でなければ「肉そば」を食べてたと思います(笑)

開設準備中のHP >>> 古川農園

2019・07・15 準備中となっているので・・・気長に待ちましょう。

3件目は翌日の11時オープン目指して福島市の「伊達屋」

こちらは福島の人気店で30分以上前に到着しましたが駐車場は最後の1台とギリギリでした。

待っている人も多く、コロナの影響もあって満席にはしていないため時間がかかっての入店となりました。 各店コロナ対応はしていたのですが、ここまで待ったのはこの「伊達屋さん」のみ、その人気が伺える期待で待つことができました。

〒960-8254 福島県福島市南沢又下番匠田22

待ったかいがあった旨さ。 福島のラーメンは本当に懐かしさを感じる醤油ラーメンで、食べ続けていても一向に飽きが来ない美味しさ。 しかし、フードファイターでないただのでぶオヤジには、1日3杯が限界。 夜の居酒屋巡りもあるのでほどほどにしておきます。

しかし、どのお店の方も接客が本当に心地よく、気持ちよくおいしいものを食べて帰ることができる福島のお店。 おそるべし!

※このお店はご夫婦2人で切り盛りされているので、気長に待ってあげてください。

4件目はこちらも福島のラーメンでもその名を知られた「白河ラーメン」の人気店 とら食堂です。

白河ラーメンは手打ちのちぢれ麺に醤油ベースのスープという白河ラーメンのスタイル wiki より で、チャーシューに特徴があるともいわれる。

〒961-0017 福島県白河市滝ノ尻1 ビックリするくらい長閑なところにあります。

白河ラーメンはその他にも街道沿いに無数か!と思えるほどラーメン屋がありましたので、その他にも美味しいところがあれば、次に行ってみたいと思います。

ご紹介した店はすべて「おすすめ店」です。 甲乙付けられません。

続きましては福島市の居酒屋を紹介します。

おすすめ居酒屋@福島

紹介したラーメン店以外にも何杯かラーメンを頂いてしまったのでお腹がいっぱい、残念ながらこの日は1件しか赴くことができませんでしたが、これが「当たり」だったのでご紹介します。

人づてに聞いていた店と、自分で検索してよさげだった店が一致したため、迷うことなくここに決定。

それは「ふた夜の月」というおでん屋さんで、福島駅の東口から徒歩10分弱という立地。

出張などにはもってこいのお店ですね。

女性2~3人ほどで回している上品なおでん屋さん。 おでん以外のメニューやお酒も豊富で、それらがまた実に美味しい。

料理、前菜等も手が込んでおり、申し分のないお店。 ここ数年行ったお店の中でも断トツのおすすめ店です!

写真が少ないですが料理お酒も間違いなしです。

ボケててすみません。 ボトルのラベルが気に入って撮ったのですが・・・。

料理が本当に凝って丁寧で美味しい。 おでんのセットがおすすめ。

その他の料理も

福島駅周辺で酒場巡りをされる方、ぜひ行ってみてください。

Add:福島県福島市置賜町4−13 Tel:024-522-3211 Open:17時30分~23時00分 日曜休み

ついでに、福島は餃子も有名とのことで欲張っていただいてしまいました。

福島駅東口の「餃子の照井 東口駅店」

いろいろ美味しくてお腹いっぱい。 ここは新幹線で帰るときなど、サッと生中と餃子で〆て帰るのに適したお店ですね。

最後に

今年はコロナの影響も(が)あり、思うように旅行ができない1年でした。 これは自分に限ったことではなく、日本中、世界中の多くの人々が今までに経験したことのないストレスや経済的打撃を受け、つらい思いをしたはずです。

今後第3波が来ようとしている(来ている)のですが、しっかり「自身で予防して」その中でうまく動いていかなければならないと思っています。

お店によってはしっかりと対策をされているところとそうでないところにはっきりと分かれているように思います。(私感)。 しっかりと予防対策をされているお店を選んで行くか、テイクアウトなんかをしておいしいものを頂くことをお勧めします。 明らかに対策なんてしてませんよね?的な店は見ればわかりますので、しっかりと判断してください

最後は福島土産で〆させていただきます。

まずは筆者大好きな日本酒「廣木酒造 本店」の泉川をご紹介します。

Add:福島県河沼郡会津坂下町市中3574  Tel:+81242832104

廣木酒造さんの代表銘柄「飛露喜」はネット等で購入可能なのですが、「泉川」は現地に行かなければ買えないというお酒のため、3本ほど購入してきました。

相方一押しの「福島のお酒」とのことで、今日開栓するのが楽しみですが、いかがなものでしょうか。 大吟醸より純米吟醸が好きな夫婦なので甘~くフルーティー過ぎないお酒ではありますが、冷やで飲むには純米吟醸が一番と勝手に思っているのでとても楽しみです。

雨の中大事そうに「酒」を抱えて走る相方。

Recommended : Japanese “sake” Izumikawa. From Aizu Fukushima Japan.

次は地ビール

福島の会津、猪苗代の地ビール「17846」

私はロシアのビール「バルティカ:Baltika」のようにアルコール度数表示と勘違いしていましたら、嫁に指摘され「17846:いなわしろ」だよと。それがこれ

買ってきたお土産の一部をご紹介。 基本物は増やしたくない筆者に対し、何も言わないとどんどん物が増える嫁。

どうしてもお酒が断てない私は大好きなビール猪苗代(17846)のうち「1と7」のみ購入して満足して帰ってきました。

嫁のお土産の一部はというと

廣木酒造さんの「泉川」3本 現地購入のみのお酒

思わず一目ぼれして買ってしまった「福島土産 こけし たこ坊主」。 可愛すぎですね。

これは小さいし許します。

続いて、これは買っていませんが会津の玩具「赤べこ」

可愛いけど物を増やしたくなかったので・・・。記念撮影

あとは、有名お菓子の「ままどおる」や柏屋さんの檸檬(れも)と薄皮饅頭、そして猪苗代では笹団子なども自宅用お土産として購入。 美味しくいただきました。

素朴で美味しいものが多く、自然豊かな福島でした。 2泊3日ではありましたがゆっくり福島を満喫できたと思います。

心残りはというと・・・。

次は行けなかったラーメン屋と、飯豊山(いいでさん)に行けることを楽しみに機会を待ちたいと思います。

それでは、Go to には感謝ですが各自コロナ対策を忘れずに、良い旅行を!

 

スポンサーリンク



ツノさん
  • 自身究極の1枚を求めて終わらない旅を継続中。

    今までは嫌なことも自分のためと思い無理をして生きてきましたが、そんな生き方を改め、シンプルに好きなことをしながら生きていくべく現在奮闘中。

    旅好き、写真好きオヤジのブログです。

    旅、写真、ガジェットなど趣味の部分と、ライフスタイル全般、株式投資、税金対策などの情報をシェアできればと思っています。

旅と休日